information.「そらどまの家」 モニター募集しています...

太陽からの輻射熱と地球からの地熱を両手足を精一杯広げて受け取る仕組みが
「そらどまの家」です。

続きの続きを..

もうちょと続きを...

すごくうまくいった竹の樋に、大工さんも 建て主さんも もちろん小生も大満足!!

    18113018_2

うん..うん..とみんなで眺めていると ”なんだか車寄せ東屋の樋がきになるよねぇ..” と建て主さん。 自然のもので作り上げてくると工業製品の存在がすごく気になるようになる.. きっと大工さんも小生もそう思っていたんだろうけどなかなか口にだせない..いや出さなかったのかもしれないけど、建て主さんのひと言にまたまた火が付いて...

    18113021
    18113022

縦樋に竹を挟み込んで、ガルバの縦樋を隠してみました.. またこれが素敵で!!

    18113019_2
    18113020_2

みんなで夕暮れまで 竹 で大はしゃぎして... 物置がこんな感じになりました。 すご~く楽しい増築工事でしたねぇ

3話ににわたる「竹の樋物語」 にお付き合いありがとうございました...

竹の樋..の続き

続きをもう少々...

縦の樋のつくりをもう少しご紹介。お付き合いくださいませ..

    1811309_2

    18113010_2

終端は割れにくいようにと丸竹のままに..

    18113011_2

樋持ちと樋は銅線で締め付け... そして寄せ棟ですので出隅部分は上下に交差させて.. そして縦樋へとつながるように...

    18113012
    18113014

軒の樋と縦の樋にはすき間が空いていますので、そのすき間から縦樋の竹の周囲を雨水が流れ落ちる..という計画で

    18113015
    18113016

試しに水を流してみる.. うまいこと周囲をながれてくれて、ながれ水は節のところでちょっぴり跳ね上がり小さな水しぶきをあげる..というすてきな出来上がり。 そして水鉢に落ちていくということになります...

    18113013
    18113017

うまいこと竹の樋が取り付きました...

竹の樋..

樋を竹でつくってみました...

物置の工事も進んでします。 物置の予定でしたがつくり出したら建て主さんから 庵 にしよう..ということになり、水琴窟の音色を聴きながら、月をめでお茶をいただく..そんなお部屋になったというわけです。

    1811301

建具の舞良戸も室内に腰掛けたとき、お月見が出来るようにと中央にガラスを入れました.. 吊り行灯が付いたりと、だんだん道楽仕事になってきたついでに樋を竹でつくってやろうと...

    1811302
    1811303

まずは樋持ちを近くにあったダンボールでちょこっと.. 軒先に合わせてみて、いざ大工さんへお願いを

    1811304
    1811305

古色を塗って...

    1811306
    1811307
    

    1811308
    1811309

庭屋さんにできるだけまっすぐな竹を..とわがままを言ってとってきていただき、大工さんに加工してもらいました。

こんな感じです... 立っている竹が縦樋。竹の周囲を雨水が流れ落ちる..って算段。 さてさてうまくいきますかな? 

続く...

鉄平石..

鉄平石の石張り...

玄関ポーチの石張りも始まりました。 お庭の石張りと合わせて鉄平石を張っています...

    1811291
    1811292
    1811293

こちらも分厚い原石から薄く割りながら、そして今回は狭いスペースですのでかたちを整えながら張っています...

    1811294
    1811295

まずは一枚ずつかたちを選び並べてみて目地通りなどもみながら決めていく.. ほんとうに.手間の掛かるお仕事です。

    1811296
    1811297

ポーチにはスロープがあります。どんなふうに張るのかなぁ?..って思っていましたら
なんと原石を割る際、スロープにあわせて鉄平石を割っているよう!! すごくないですか...

    18112910
    1811298
    1811299

庭屋さんの一番弟子のとおるさんが一週間近く時間を掛けて素敵な玄関ポーチを仕上げてくれました。

荷物置きのテーブルもセット.. テーブルをふたつつなげて、石のまわりに縁取りして真ん中には樋に使った竹を配しました。こちらは大工さんにつくってもらいました...

だんだん出来てきたでしょ~ぉう... 増築の物置、いやいや庵に変わった建物には竹の樋がつきましたのでこちらはまたこの次に

お蔵の再生..

お蔵の再生工事が...

先日現地調査をしました和田の古民家ではお蔵の再生工事が始まりました。 土葺きの瓦をいちど降ろし雨水が入らないようにルーフィングを葺き、軽量化のため乾式工法で葺き替えるようになります。

内側では床と壁の板張りが取り外されましたので見え掛かり部分が確認出来るようになってきました...

    11295

以前に改修されていた屋根瓦が外されひかりが差し込んでいました。 こんな景色が見られるのも今だけ...

    11291
    11292
    11293
    11294

70~80年前に葺き替えられていただろうという瓦の下杉皮はまだこんなにきれい.. 土壁と同様に土に覆われた中は健康でいられるんですねぇ。

    11296
    11297

    11298
    11299
    112910

再生工事が始まったこのお蔵は カフェ として生まれ変わることになります。 
楽しみですね...

住まいと暮らしの省エネガイドブックその4..

エネルギー消費量を把握しよう...

    4

さてさてどこからやってみようか? というところではないでしょうか..

私たちが生活するのに使っているエネルギーの使い道はどんなでしょう? まずはその用途を整理してみましょう。 それはエネルギーの7用途と呼ばれ ①暖房、②冷房、③給湯、④照明、⑤換気、⑥家電、⑥コンロ(調理)に分かれます。

そんな用途ごとに省エネの工夫を考えていこう..とこのガイドブックではすすめています。

そこでまずはこの7つの用途がどんなバランスかを知ってみましょうか.. エネルギー消費量は地域により変わります(寒い地方と暑い地方では暖房とか冷房の使用頻度がかわりますよね)ので、静岡県の平均的な家庭のバランスが上の図の円グラフに表示されています。

そのバランスは、いちばん消費量が大きい方から、1.家電(冷蔵庫やテレビ..など) 2.給湯 3.暖房 4.照明 5.冷房 6.換気 という順番です。 

最近は家電が大型化してきているということもあるでしょうが、みなさんの予想はどうでしたか? この割合が大きなところから省エネの工夫をやってみる!!ってのが効果的ですし実感もある..ところではないでしょうか。

この先では、この7用途に的を当て、こんな工夫をしてみたらどうかなぁ..ってところを紹介していくことになます...

ペレットストーブ..

ペレットストーブがつきました...

長い道のりでしたがやっとペレットストーブに火が入りました。諸事情ありなかなか納まりがよろしくなかったストーブですが、最終的に シモタニのオルコット に決まり昨日今に鎮座しました...

    1811221
    1811222

これでエアコンを使わなくてもよくなります... いいのやの家はそらどま換気システムだけだと一日中家中+床下の温湿度がほとんど変わらないという環境なんだけど、エアコンを使った途端に温湿度がすごい勢いで変動してしまいます.. もちろんペレットストーブだから変動しない..という事は無いのですがもう少し動きがやわらかくなると思います。

    1811223
    1811224
    1811225

シモタニのオルコット というペレットストーブです。 シモタニさんはペレットストーブでは老舗のようでデザインもよろしいかと...

    1811226
    1811227

ということで取り付けも終わり着火テストから取扱説明を受け、いよいよストーブライフのはじまりです。

オルコットは空気の調整もでき、炎のゆらぎを変えられるので楽しいですね.. ストーブトップのカバーを取り外せば小さなやかん(ポット)でお湯を沸かすこともできます。

すこし容量が小さいかと思ったけど、断熱性能や気密の性能がよくなっているので予想以上にお家の中全体に暖かさがとどく気配も... 

ちょうど寒さが強くなりそうな予報ですので間に合ったよかったですね。 これから楽しい時間が待っています...

石張り..

石張りを...

なかなかのゆっくりペースの外構造園工事ですが、昨日から鉄平石の石張りが始まりました。大きくて分厚い鉄平石を現場で割りながら張っていきます...

    1811141
    1811142

    1811143
    1811144

    1811145

昨日は石を選んで並べる作業を、建て主さんも庭屋さんといっしょになってあれこれ選んで運んでは靴脱ぎ石から眺めてみたりと夕方までやってました...

今日は高さを合わせながら鉄平石を据え付けています。 体力とセンスと経験が必要なお仕事ですね。 浜松一のお庭を目指してみんなで奮闘中です...

住まいと暮らしの省エネガイドブックその3..

ぜひ知っておいてほしいこと...

    3

前回もお話ししましたように 「省エネを..」 というとどうしても淋しい話しに..って感じがしてしまいますよねぇ。でもね、たとえばお家の壁の断熱をよくすると寒さを感じにくくなるし、屋根の断熱を増やすと夏の暑さが和らぐとか、窓に夏は簾や葦簀を掛け冬にはスクリーンを下ろすなどをがんばってやってみると、お家の中がすご~く暮らしやすく(暑さ寒さが和らぐ..)なるってのはなんとなく理解できませんか...

そうなんです、すごく快適になるんです!! 冬に寒さを..夏に暑さを感じにくくなるってのは身体にも精神的にもすごくメリットが大きいですよねぇ。

このガイドブックは省エネが目的ですが、建物や窓を工夫すると 「快適な暮らし」 もついてきます。ぜひ温湿度計など片手に、建物や窓の工夫見つけてがんばってみてくださいね...

ストーブに火を..

我が家のペレットストーブも...

ありたま南町の家へ取扱説明に行ってきたら我が家のストーブにも火を入れたくなって..

今年はまだお掃除をしていなかったので、戻ったところでさっそくペレットストーブと煙突のお掃除を開始。 煙突の煤は予想以上に溜まっていてちょっとびっくり... ストーブも分解して..と思いましたがちとお時間が無くストーブ本体は簡単に。

そしてさっそく火入れを

    11041  
    11043
    11042

やっぱり火のある暮らしは良いですねぇ.. 今年もお世話になります!! よろしくねッ..

この暖かさはエアコンやファンヒータとはひと味違いますね。 もちろん視覚的にもすごく贅沢な気分にさせてくれますし、お酒も美味しくしてくれます.. なによりこのやさしいそして柔らかな暖かさがたまりません。

すご~く素敵なお家をつくり..すご~く快適な暮らしをして..もう満足な~んて言わないで、ぜひ火(ストーブ)のある暮らしをしてみませんか。 

すご~く素敵で快適で、そしてすご~く贅沢な時間を楽しめる暮らし。ぜひお試しあれ...

«MUUMUU..