カテゴリー「いいのやの家」の記事

石畳..

石畳を...

進入路の石畳もあともう少しです。

    1901161

    1901162
    1901163

    1901164

路盤をつくり一枚々通りを確認しながら並べていく... このあたりはまっすぐな園路になるので、石の切り物がないから進行はぐっとアップする。

石が並ぶと目地埋めが始まる... モルタルを詰めていくのだが、これがまた目地距離が長く、腰をおとして目地詰めする作業も身体にはきびしい。

そんな作業もあとすこし...

2~3日養生したら、お庭の木々が仲間入りしてくるようです。今月中に造園工事が完成しそうな気配になってきました。

やっと外観写真の撮影ができそうです...

ししおどし..

ししおどし(鹿威し)...

いいのやの家の造園外構工事も始まりました。まだ暑さがきびしい頃から始まった工事はやっと三分の二を超えたところしょうか。  忙しい造園屋さん浮気をしている日数が多くて...

そんな中 ”ししおどし” の試作が

    1901091
    
1901092

    1901093

    1901094
    1901095
    1901096

一発では思うような音色をだすのは難しく、少々改良を加えていくことになります...

ところで、ししおどし(鹿威し)とは

ししおどし(鹿威し)とは、農業などに被害をあたえる鳥獣を威嚇し、追い払うために設けられる装置類の総称。かかし、鳴子、その中でも特に添水(”そうず”とは、水力により自動的に音響を発生する装置)を指す。「鹿威し」、「獅子脅し」や「獅子威し」とも書かれるが本来は「鹿威し」のようです...

試作の音色はこちらから https://www.facebook.com/groups/minkanokoubou/

続きの続きを..

もうちょと続きを...

すごくうまくいった竹の樋に、大工さんも 建て主さんも もちろん小生も大満足!!

    18113018_2

うん..うん..とみんなで眺めていると ”なんだか車寄せ東屋の樋がきになるよねぇ..” と建て主さん。 自然のもので作り上げてくると工業製品の存在がすごく気になるようになる.. きっと大工さんも小生もそう思っていたんだろうけどなかなか口にだせない..いや出さなかったのかもしれないけど、建て主さんのひと言にまたまた火が付いて...

    18113021
    18113022

縦樋に竹を挟み込んで、ガルバの縦樋を隠してみました.. またこれが素敵で!!

    18113019_2
    18113020_2

みんなで夕暮れまで 竹 で大はしゃぎして... 物置がこんな感じになりました。 すご~く楽しい増築工事でしたねぇ

3話ににわたる「竹の樋物語」 にお付き合いありがとうございました...

竹の樋..の続き

続きをもう少々...

縦の樋のつくりをもう少しご紹介。お付き合いくださいませ..

    1811309_2

    18113010_2

終端は割れにくいようにと丸竹のままに..

    18113011_2

樋持ちと樋は銅線で締め付け... そして寄せ棟ですので出隅部分は上下に交差させて.. そして縦樋へとつながるように...

    18113012
    18113014

軒の樋と縦の樋にはすき間が空いていますので、そのすき間から縦樋の竹の周囲を雨水が流れ落ちる..という計画で

    18113015
    18113016

試しに水を流してみる.. うまいこと周囲をながれてくれて、ながれ水は節のところでちょっぴり跳ね上がり小さな水しぶきをあげる..というすてきな出来上がり。 そして水鉢に落ちていくということになります...

    18113013
    18113017

うまいこと竹の樋が取り付きました...

竹の樋..

樋を竹でつくってみました...

物置の工事も進んでします。 物置の予定でしたがつくり出したら建て主さんから 庵 にしよう..ということになり、水琴窟の音色を聴きながら、月をめでお茶をいただく..そんなお部屋になったというわけです。

    1811301

建具の舞良戸も室内に腰掛けたとき、お月見が出来るようにと中央にガラスを入れました.. 吊り行灯が付いたりと、だんだん道楽仕事になってきたついでに樋を竹でつくってやろうと...

    1811302
    1811303

まずは樋持ちを近くにあったダンボールでちょこっと.. 軒先に合わせてみて、いざ大工さんへお願いを

    1811304
    1811305

古色を塗って...

    1811306
    1811307
    

    1811308
    1811309

庭屋さんにできるだけまっすぐな竹を..とわがままを言ってとってきていただき、大工さんに加工してもらいました。

こんな感じです... 立っている竹が縦樋。竹の周囲を雨水が流れ落ちる..って算段。 さてさてうまくいきますかな? 

続く...

鉄平石..

鉄平石の石張り...

玄関ポーチの石張りも始まりました。 お庭の石張りと合わせて鉄平石を張っています...

    1811291
    1811292
    1811293

こちらも分厚い原石から薄く割りながら、そして今回は狭いスペースですのでかたちを整えながら張っています...

    1811294
    1811295

まずは一枚ずつかたちを選び並べてみて目地通りなどもみながら決めていく.. ほんとうに.手間の掛かるお仕事です。

    1811296
    1811297

ポーチにはスロープがあります。どんなふうに張るのかなぁ?..って思っていましたら
なんと原石を割る際、スロープにあわせて鉄平石を割っているよう!! すごくないですか...

    18112910
    1811298
    1811299

庭屋さんの一番弟子のとおるさんが一週間近く時間を掛けて素敵な玄関ポーチを仕上げてくれました。

荷物置きのテーブルもセット.. テーブルをふたつつなげて、石のまわりに縁取りして真ん中には樋に使った竹を配しました。こちらは大工さんにつくってもらいました...

だんだん出来てきたでしょ~ぉう... 増築の物置、いやいや庵に変わった建物には竹の樋がつきましたのでこちらはまたこの次に

ペレットストーブ..

ペレットストーブがつきました...

長い道のりでしたがやっとペレットストーブに火が入りました。諸事情ありなかなか納まりがよろしくなかったストーブですが、最終的に シモタニのオルコット に決まり昨日今に鎮座しました...

    1811221
    1811222

これでエアコンを使わなくてもよくなります... いいのやの家はそらどま換気システムだけだと一日中家中+床下の温湿度がほとんど変わらないという環境なんだけど、エアコンを使った途端に温湿度がすごい勢いで変動してしまいます.. もちろんペレットストーブだから変動しない..という事は無いのですがもう少し動きがやわらかくなると思います。

    1811223
    1811224
    1811225

シモタニのオルコット というペレットストーブです。 シモタニさんはペレットストーブでは老舗のようでデザインもよろしいかと...

    1811226
    1811227

ということで取り付けも終わり着火テストから取扱説明を受け、いよいよストーブライフのはじまりです。

オルコットは空気の調整もでき、炎のゆらぎを変えられるので楽しいですね.. ストーブトップのカバーを取り外せば小さなやかん(ポット)でお湯を沸かすこともできます。

すこし容量が小さいかと思ったけど、断熱性能や気密の性能がよくなっているので予想以上にお家の中全体に暖かさがとどく気配も... 

ちょうど寒さが強くなりそうな予報ですので間に合ったよかったですね。 これから楽しい時間が待っています...

石張り..

石張りを...

なかなかのゆっくりペースの外構造園工事ですが、昨日から鉄平石の石張りが始まりました。大きくて分厚い鉄平石を現場で割りながら張っていきます...

    1811141
    1811142

    1811143
    1811144

    1811145

昨日は石を選んで並べる作業を、建て主さんも庭屋さんといっしょになってあれこれ選んで運んでは靴脱ぎ石から眺めてみたりと夕方までやってました...

今日は高さを合わせながら鉄平石を据え付けています。 体力とセンスと経験が必要なお仕事ですね。 浜松一のお庭を目指してみんなで奮闘中です...

物置小屋の続き..

続きを...

その後の現場の様子をもう少しだけ..

    1810291
    1810292

    1810293
    1810294

物置小屋だけど屋根は遮熱しておこう... ということで遮熱アルミシートを張っています。遮熱層をつくる通気胴縁は一尺(30㎝)おきに、アルミシートの上下になるように配って遮熱通気層を確保..

物置小屋の予定が建ち上がってきたら、物置じゃぁもったなくなっちゃったようで..
壁にはシックイ調のボードを張って、床は厚みが24ミリ幅が24センチの杉板杉板を目地に小竹をいれて張ろう..ということに。

建具は全開になるので、石畳に続く小上がりにテーブルと椅子を置いて、水琴窟と鹿威しを聴きながらお庭と眼下に広がる田畑と山々を眺めお茶をする..という空間になりそうです。

物置小屋..

物置小屋の建て方を...

今日から車寄せ東屋への増築部分物置小屋の建て方をはじめました。 今回は構造用合板を落とし込んで組み上げます.. 

    1810261
    1810262

    1810263
    1810264_2
    1810265_2

    1810266_2
    1810267_2

ここから軒桁をまわし、車寄せ東屋の柱に取り付けます..

外壁は 杉板縦張りに縦押さえ縁 を打って仕上げる予定ですが、ひょとすると杉皮張りになるかも...

今日はこのあたりで.. 明日の空模様がちょっと心配ですが

より以前の記事一覧